いつものビールを簡単にジョッキ缶に出来るDRAFT TOPを使えばキャンプでも美味いビールをグビグビ飲める!

皆様こんにちは、Yuです。

キャンプで飲むビールって最高に美味しいですよね!

特に暑い時期はキンキンに冷えたビールが美味い美味い!

ビールをキンキンに冷やしておく為にはクーラーショックが必須というのは別でもお話ししていますので、以下よりご確認ください!

今日は、そのキンキンに冷やしたビールを普通に缶を開けるで飲むよりもグビグビと飲めてしまう画期的なアイテムを手に入れたので紹介させてください!

皆様、アサヒから発売されたスーパードライの生ジョッキ缶の生ビールはご存知ですよね?

発売後、一瞬で蒸発し、未だに手に入りにくいあの大ヒットビールです!

その生ジョッキ缶をほかのビールでも楽しめてしまうのが今日ご紹介するアイテムです。

その名も『DRAFT TOP(ドラフトトップ)』です!

https://kibidango.com/1312

ドラフトトップとは

ドラフトトップはアメリカで生産、販売されている缶オープナーの1つです。

その大きな特徴が先述のとおり普通の缶ビールを生ジョッキ缶にできてしまうところ。

実際に見てみましょう。

使ってみた

ドラフトトップを実際に使ってみました。

見た目はこんな感じです。

裏の丸く凹んだ部分を缶の蓋に当てて、握り手を握ると、缶の淵にローラーが密着します。

そのままクルックルっと缶を固定してドラフトトップを回します。半周を5往復くらいすると缶の上部の大半が切り離されます。

あとは缶の上部を取っ手部分を使って缶の中に押し込んであげてください。

※ここで上に引っ張って取ろうとすると缶の2人が剥がれ上がって口を切ってしまう素となりますのでご注意下さい

こんな感じの飲み口になります。

缶の上部は僕は完全に切り離して押し込んだので缶の底に落ちています。

正直、この点は衛生面を気にする方にはハードルが高いかも…

でも僕にとってはそれ以上に冷たいビールを普通の間の飲み口に制限されることなくぐびぐび飲めることの方がプライオリティが高いです!

ビール好きには心からオススメします!

偽物に注意

このドラフトトップ、クラウドファウンディングで大ヒットとなったことに起因して、ネット上には偽物がたくさん蔓延っています。Amazonで検索しても、1000円くらいの低評価の商品がわんさかあります…

本当に気をつけてください!偽物は缶自体開かないみたいですよ!

安物買いの銭失いは本当に勿体無い!本物は高いけど、試す価値あり!

皆様がしっかりと本物を買って美味しいビールを堪能してくださることを祈ります!

ドラフトトップで最高のビールを!

ドラフトトップの用途をキャンプに限るようなタイトルと導入でしたが、おうちでももちろん大活躍です!

暑い夏はまだまだ続きます。キンキンに冷えたビールをぐびぐび飲めるドラフトトップ、ぜひ使ってみて欲しいです!

ドラフトトップで最高のビールを味わいましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます!

よかったらInstagramのフォロー、いいねいただけると嬉しいです! よろしくお願いします!

ぜひシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です