BAREBONESのレイルロードランタンはレトロな雰囲気ながらサイトを明るく照らす優秀LEDランタンだ!

皆様こんにちは、Yuです。

今日はランタンについてお話ししたいと思います。

もともと僕はコールマンのノーススター2500(ガスランタン)を持っていました。

そしてあの大人気小型ランタン兼懐中電灯のgoal zeroも4つ持っています。

十分でしょって感じなのですが、ZANE ARTSのオズハンガーの写真に写るBAREBONESのレイルロードランタンを見ていたらどんどん欲しくなってきてしまって…

気付いたらおうちにありました。
(買いました。。。)

そして先日のキャンプでついにレイルロードランタンデビューしてきましたので、使用感とともにレイルロードランタンについてお伝えできればと思います。

買おうか迷っている人にとっては背中を押された気分になると思います(ぜひ買ってみて!)

BAREBONESとは

BAREBONESってどんな会社?ってところなんですが、A&Fのブランド紹介にはこう書いてあります。

Barebones(ベアボーンズ)はGOAL-ZEROの創設者Robert Workman氏が身近なアウトドアライフスタイルをコンセプトに本当に自身が使いたい風合いがあり、こだわりを持った商品を展開しているブランドです。また、GOAL-ZERO時代から続く、人道支援を根底に持ち、アメリカの農家の方への指導、支援、ネパールの震災時へのテントの提供、地元では休耕作を利用した農業、食の指導などを積極的に行っています。

ここにも出てくるGoal Zero。笑

ランタン界の帝王ですね。

有名なのはキャンプギアのランタンですが、実は食器だったり、調理器具だったり、ガーデニング用品だったり、生活に身近なプロダクトを多く輩出しているブランドなんです。

BarebonesのHPはこちら↓
http://barebonesliving.jp/

レイルロードランタンとは

レイルロードランタンのベースとなっているのは戦前の北米鉄道会社で使われてきたランタンだそうです。

それをBAREBONESが現代に蘇らせ、LEDという近代化までしたと。

スペックは以下のとおりです!

●サイズ/H14.6×W32.5cm

●付属品/4400mAHリチウムイオン電池(内蔵)、充電用USBケーブル(タイプC)

●充電性能/(入力電圧-電流)5V-最大1.5A以下

●使用電球/3.2w 暖色エジソンタイプLEDバルブ

●明るさ/35〜200ルーメン

●連続点灯時間/Lowパワー:100時間、Hiパワー:3.5時間

●材質/スチール、プラスチック、ゴム、ガラス

●重量/960g

MAXに明るくすると4時間しかもたないんです。

この点は要注意。調子に乗ってHIパワーでサイトを照らすとすぐに充電がきれてしまいます。

一方で実際に使った感想としては、つまみを半分くらいひねるだけでもかなり明るい!

MAXにする必要は全然ないかなーと思います。

そしてデザイン的にもオシャレなので、ランタンポールにかけてもいいし、テーブルの上に置いても映えます。

オイルやガスのランタンのように本体が熱くなることもないので小さい子供がいても安心ですし、オススメです!

人気商品につき品薄

皆様ご想像のとおりですが、大人気商品につき、いつみても品薄か品切れです。

最近はスレートグレーという新色も出ましたし、私のようにZANE ARTSの写真に魅せられて買う人も増えているよう。

好みの色がなくなってしまう前に急げ!!

あと、レイルロードランタンを入れるケースなのですが、これも超人気の格安ブランド「whatnot』のマルチ収納ケースがぴったりです!
このケースはレイルロードランタンに限らず様々なランタンもさることながら本来の使い方でもある仕切りを使ったギアの収納も可能!
価格も2500円程度!合わせて買っておくことをおすすめします!

レイルロードランタンでオシャレサイトに

僕もレイルロードランタンを導入したらサイトがちょっとおしゃれになりました。簡単に無骨なサイトがおしゃれになるんだからBAREBONESさんすごい!

皆さんもワットノットのケースにレイルロードランタン入れてキャンプに持っていって、オシャレにサイトを照らしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます!
よかったらInstagramのフォロー、いいねいただけると嬉しいです!
よろしくお願いします!

ぜひシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です